NEWS&BLOG

CORGI × MAIDENS SHOP “8ply Wool Plain Pullover with Argyle Patch”

MENS |

ロイヤル・ワラント(王室御用達認定証)を与えられている英国ブランドCorgiに、MAIDENS SHOPが注文をして出来上がったニットをご紹介いたします。
Corgiと別注の取り組みを始めて3シーズン目となる今シーズンは、プレーンな8plyクルーネックのセーターをベースにハンドインターシャで編み上げたアーガイルパッチを付けました。


8ply Wool Plain Pullover with Argyle Patch
Color:Black,
Size : L
Price:50,000YEN(EX-TAX)

『ハンドインターシャのアーガイルパッチ』こそが今回の別注の醍醐味。
Corgiの持つニッティング技術の中でも最も時間と手間の掛かる編み方である「Hand Intarsia」でアーガイル柄を施しています。

Hand Intarsiaとは、ニットを編み上げていく中で柄や色味が変わる度に糸の色を変え、裏で繋ぎ合わせる方法で、とにかく時間と技術を要する編み方です。ジャガードと似た編み方ですが、裏側で丁寧に糸を繋ぎ合わせる事で、厚みが出ず、着心地も滑らかに仕上がります。

通常だと、アーガイル柄が前身頃全面に入るところ、柄の面積を縮小し、唯一無二のアーガイルセーターを共作致しました。
肩肘張らずに着用出来るよう、僅かながらゆとりを持たせたサイジングにしてあります。

着まわしやすいブラックカラーに印象的なアーガイル柄がめを引く一着。
是非、店頭でご覧くださいませ。


Corgi(コーギー)
コーギ・ホージリー社は1893年に英国サウス・ウェールズで創業したニットメーカー。
創業当時のウェールズ地方は炭鉱が主な産業であり、そこで働く労働者たちに暖かいロングソックスを穿かせたいという思いからハンドメイドの靴下の製造を開始。
1960年からは、ハンドフレームによるインターシャのニットウェアの生産を開始し、後にカシミア素材も加わり、パリの高級メゾンにも認められるようになる。
そして1988年にはプリンス・オブ・ウェールズ(チャールズ皇太子)が10年間に及びニットウェアとソックスを愛用した実績によりロイヤル・ワラント(王室御用達認定証)が認められました。
ほとんどのメーカーが機械により大量生産する中、コーギ・ホージリー社は今でも職人による手作りにこだわっています。

well-made by MAIDENS SHOP
TEL / 03-6812-7180
MAIL / well-made@maiden.jp
instagram/@well.made.by.maidens.shop

2019/12/04

line

LABELES