NEWS&BLOG

New Arrival”ANDERSEN-ANDERSEN 19SS”

MEN&WOMENS |

ご存知の方も、そうでない方も大変お待たせいたしました。
ANDERSEN-ANDERSENから19SS分が入荷してまいりました。

今回はご存知でない方の為にもブランドの説明をさせていただきます。

【ANDERSEN-ANDERSEN(アンデルセンアンデルセン)】
海洋国であるデンマークの人々にとって、大切な道具として古くから愛されてきたセーラーセーター(フィッシャーマンセーター)。現在は大量生産と効率をもとめる潮流に流され、多くの創り手が伝統を手放しています。
母国デンマークでさえも、昔ながらの非効率な製法を継承するニッターがほとんどいないのが現実です。
忘れ去られようとしている伝統を、後世にも引き継いでいきたいという思いから、セーラーセーターの原型を研究し、最高の糸を求め、手間の掛かる仕様を実現できるニッタ―を探し、そして創りあげたのが、このANDERSEN-ANDERSENのセーラーセーターです。

ブランド設立は2009年、デンマークのアンデルセン夫妻によりスタート。海洋国家であるデンマークは昔からニットが非常に盛んでしたが、近年は後継者不足から産業が減少傾向にありました。
しかし、アンデルセン夫妻はこの伝統的なデンマークのニット文化を継承していきたいという想いから昔ながらの編み方を継承しつつ、デンマークのユトランド半島にて生産を始めました。
製品の多くは、昔から着られている船員や漁師・ハンターのニットウエアのデザインにインスピレーションを受けて作られており、前後どちらでも着られるニットは忙しい船員達が前後気にすることなく、気軽に着られるように作られています。

【19SS collection】
Andersen夫妻は、ウールだけではなくコットンも常に模索し続けて来ました。
ウールと同様にコットンも大事な天然繊維として世代を超えて海洋時代の衣類に使用されており、コットン素材のセーラーアイテムも実現しようと研究を重ねてきました。
過去にもコットンアイテムを提案したこともありましたが、完成したウール素材と同等の品質のコットン素材がなかなか見出せず、時間をかけて理想のコットンを探し続けてきました。
そしてついに自分たちの理想とするオーガニックコットンと出会い、特別な紡績により、ウールコレクションと並ぶコットンコレクションが実現しました。

秋冬のイメージが強いブランドかと思いますが、春夏のコレクションもおススメです。
ANDERSEN-ANDERSENらしいタフさは残しつつ、とても品のある仕上がりになっております。
既にお持ちの方はもちろん、まだ袖を通したことのない方にも是非見ていただきたいアイテムとなっております。

商品の詳細に関しましては次回の更新で。

是非ご覧くださいませ。

 

well-made by MAIDENS SHOP
TEL / 03-6812-7180
MAIL / well-made@maiden.jp

2019/02/25

line

LABELES