NEWS&BLOG

Re-Stock “CANADA GOOSE / CITADEL PARKA FF & MACMILLAN PARKA FF”

MEN&WOMENS |

入荷後完売しておりましたCANADA GOOSEのCITADEL PARKAとMACMILLAN PARKAが明日、明後日で再入荷いたします。
今回の入荷もサイズ、カラーによって数量が異なりますので、詳しい入荷数はスタッフまでお問合せください。

都内でも朝晩は冬を感じる寒さになってきており、ダウンに袖を通す時期になってきました。
実際に着用するにあたり、どのようなスペックの商品を着用するのがベストなのか、迷わる方もいるかと思いますので
本日は入荷するCITADEL PARKAとMACMILLAN PARKAの詳しいスペックをご説明させて頂きます。

MACMILLAN PARKA

MACMILLAN PARKAは15FWに誕生したモデル。シルエットは細身ながらも適度なゆとりのある、CANADA GOOSEの中でも人気のあるフュージョンフィットを採用しています。
ノンファーの大きなフードが特徴で、必要最小限の機能を持つミニマルなデザイン。着丈はそのほかのCANADA GOOSEのほかのモデルと比較してショートレングスの分類されています。
裾はシャツテールで暖かい空気を逃しにくい作りとなっています。

CANADA GOOSE社が設定するTEI(THERMAL EXPEROENCE INDEX™)という対温度設定の指標ではTEI3に分類され、
-10°から-20°の寒冷地のデイリー使いに適した保温性のモデルに位置付けられています。

アウターの素材にはCANADA GOOSEの多くのアイテムに採用されている独自開発されたARCTIC TECHという素材が使われています。
同素材はコットン15%、ポリエステル85%の素材にテフロン加工が施されており、耐久性、防水性、防寒性に非常に優れており、極寒の環境にも耐えうる非常にタフなど素材です。
機能素材でありながら、15%コットンが入っていることで、天然素材特有の身体に馴染むような感覚があるのもこの素材の特徴です。

CITADEL PARKA

CITADEL PARKAは南極観測基地「マクマード基地」で働くサイエンティストのために開発されたハイエンドモデルで、ダウンウェア作りの歴史と経験値をすべて注ぎ込んだ
世界で最も知られているCANADA GOOSEを代表するモデルである「EXPEDITION」を細身にモディファイしたモデルです。

フード回りには凍傷から顔を保護するリアルコヨーテファーが装備され、ウエスト部分にはパウダーガードを搭載し雨風雪を完全にシャットアウトすることが出来ます。
また、コヨーテファーはファスナーで着脱が可能ですので、シーンに合わせて使い分けることが可能です。
フィットはMACMILLAN PARKAと同様のフュージョンフィットが採用されています。

こちらのモデルはTEI4に分類され、-15°から-25°に対応し、北極圏で活躍する人々のデータをもとに開発された寒冷地のデイリー使いに適し、
TEI3よりもさらに保温性を高めた設定になっています。

素材はこちらもARCTIC TECHが採用されています。

そしてMACMILLAN PARKA、CITADEL PARKAどちらもダウンにはカナディアンホワイトダックダウンが使われています。
同ダウンはグースダウンよりも復元力にすぐれており、前記のARCTIC TECH素材とのバランスが非常に良いため、CANADA GOOSEの製品のほとんどがこのダウンを使用しています。

ダウンの品質は水質が大きく影響するということをご存知でしょうか?水質の良い湖で育った水鳥は大きく健康的に成長します。
CANADA GOOSEのダウンは、カナダのアルバータ州という美しい水源のある場所で育った水鳥の羽毛から作られており品質は世界でもトップレベルです。
カナダグースは環境面にも配慮しており、使用するダウンはすべて家畜産業の副産物のみであり、ダウン生産のために強制的に育てられた鳥のダウンは一切使用しています。

このようにすべての面において拘り、品質を追求しているからこそ世界で多くの人々に支持されているのではないでしょうか。

既に製品をお持ちの方はその魅力を感じているかと思いますが、まだ着用されたことのない方是非この拘りを肌で感じ頂きたいと思います。

 

well-made by MAIDENS SHOP
TEL / 03-6812-7180
MAIL / well-made@maiden.jp

 

2018/11/15

line

LABELES