NEWS&BLOG

SANDERS “Military Derby Shoe”

MEN&WOMENS |

皆様こんにちは。
またまたまた高橋です。笑
そろそろ名前だけでも覚えてください!

ということで本日は待ちに待っている人も多かったSANDERSの入荷がありましたのでご紹介を。
特にレディースサイズはお問い合わせをかなり頂いてまして
大変お待たせしました!!
今シーズンからofficer shoeに加え、
Derby shoeも仲間に加わりました。
ベースとなる木型は変わらず266というトレス木型ながら、
アッパー部分には更に皮とステッチが加わり、
より強固な印象に。
ですがどこか柔らかい雰囲気というか、
officer shoeよりもカジュアルに履ける面構え。
もう好みの問題なので履き比べてから決めていただければ!

Military Derby Shoe
Col:Black
Size:3H,4,4H 6H,7,7H
Price:50,600yen-(In Tax)
やはりコスパの良さには驚かされますね。
この造りでこの値段とは…
そのくらいここ数年の革靴の値段の高騰っぷりには
頭が痛くなる物で…
自分も革靴は好きで他ブランドを何足か所有しているのですが、
SANDERSが1足あれば充分だなといつも感じます。
ソールもアッパーもリペアを繰返しながら履けば一生履けますしね。
ちなみにサイズ感なのですが、
UKサイズの表記よりも実際はハーフから1サイズ大きめの印象ですので、
SANDERSは実際に履いてから購入することをオススメします。

Officer Shoe
Col:Black
Price:50,600yen-(In Tax)
サイズ欠けをしてましたOfficerも少量ですが、
再入荷してますので今なら比較できますよ!
そのくらいすぐに無くなってしまうので…

それでは皆様のご来店お待ちしております。


ASANDERS(サンダース)
1873年にウィリアム・サンダースとトーマス・サンダースの兄弟によってラシュデンに設立された約135年の歴史を
持つ靴の聖地ノーサンプトン最後の実力メーカー。
会社はファミリー・マネジメントの第四世代中で、90人以上の職人を雇っています。
現在では生産機械と高度なコンピュータ制御システムに補足されていますが伝統的なグッドイヤーウェルト製法は現在でも引き継がれ素材へのこだわりは今でも変わらず、天然素材をパーツのほとんどに使用しています。
その証としてイギリスの靴業界の分野としては僅かなメーカーにしか与えられていないIS09002のAssurance認可を取得しています。
日本へは2006AWより本格的に導入。特にSanders Uniform Footwear Collectionは世界中の多くの警察、Military、およびSecurity用のシューズとして採用されているコレクションとして有名です。
また、イギリス国防総省(MOD)向けに供給されるレザーシューズ(UK製)のほとんどがSanders製で(非常に大きな利権です)ファクトリーの約50%をその製造ラインとして割当てられています。
その為、自社コレクションは他のノーザンプトンのメーカーと同様のグットイヤーウエルト製法と天然素材を使用しても製造コストが抑えられコストパフォーマンスに優れた伝統的なMade in EnglandのShoesを製造できるのがSanders最大の魅力です。

well-made by MAIDENS SHOP
TEL / 03-6812-7180
MAIL / well-made@maiden.jp

2021/04/05

line

LABELES