NEWS&BLOG

“ANDERSEN-ANDERSEN 19SS ” Fabric

MEN&WOMENS |

前回のブログ、ANDERSEN ANDERSENのブランドについて紹介いたしました。
今回は、ANDERSEN ANDERSENが素晴らしい “ものづくり” を追求した結果たどり着いた素材について少し説明させて頂きます。

Andersen夫妻は、ウールだけではなくコットンも常に模索し続けて来ました。
ウールと同様にコットンも大事な天然繊維として世代を超えて海洋時代の衣類に使用されており、コットン素材のセーラーアイテムも実現しようと研究を重ねてきました。
過去にもコットンアイテムを提案したこともありましたが、完成したウール素材と同等の品質のコットン素材がなかなか見出せず、時間をかけて理想のコットンを探し続けてきました。
そしてついに自分たちの理想とするオーガニックコットンと出会い、特別な紡績により、ウールコレクションと並ぶコットンコレクションが実現しました。

●糸は、イタリア製エクストラスパンオーガニックコットン。

ANDERSEN-ANDERSENのためにに特別紡績したものを使用しています。
この素材の素晴らしさは、原綿により得られる風合いと、特別な紡績により得られる耐久性、涼感、シャリ感を兼ね合わせているからであり、丈夫でありながら、上質な表情を持ち合わせて、春夏に最も適した素材として仕上がっていること。

●GOTS取得。

【GOTS (Global Organic Textile Standard)】
オーガニックコットンにおける国際基準とされている認証機関。
GOTSには、ドイツ・イギリス・アメリカ・日本の4カ国の団体が中心となって参画しており、繊維製品の基準としては世界で最も厳しいとされています。
オーガニック認証については農業分野(畑から原綿まで)のオーガニック・ファーミング認証と、テキスタイルの製造加工分野(紡績から製品まで)のテキスタイル認証の2つがあります。
現在では世界に13の認証機関があり、イタリアの代表的なオーガニック認証機関ICEAにより、Andersen-Andersen のコットンコレクション製品は認定されています。

●最良のコットンを探し求めた結果たどり着いた工場

最高品質のコットンを提供しているイタリア北部Vittorio Venetoに所在する紡績工場。
こちらは、多くのイタリアブランドに糸を提供している、非常に技術のあるニット工場。
元々ご夫妻はこの紡績工場の実績を知っていて依頼したのではなく、最良のコットンを探し求めた結果たどり着いたのがこの工場で紡績した糸であり、結果的にハイブランドも手がけているような素晴らしい工場だったとのこと。

上記のようにAndersenご夫妻が “ものづくり”に妥協をせず、選び抜いた素材や工場でANDERSEN ANDERSENのニットは造られています。

涼感、シャリ感があり、丈夫でありながら、上質な表情を持ち合わせた、日本の春夏に最も適したニットです。

Well-made by MAIDENS SHOPにて、少し贅沢で最高のデイリーウェアを是非ご覧いただけましたら幸いです。

well-made by MAIDENS SHOP
TEL / 03-6812-7180
MAIL / well-made@maiden.jp

 

 

 

 

2019/02/26

line

LABELES