NEWS&BLOG

INDIVIDUALIZED SHIRTS③

MEN&WOMENS |


前回前々回とINDIVIDUALIZED SHIRTSの

歴史、製作工程をご紹介してきました。

今回はINDIVIDUALIZED SHIRTSの代表的なシャツ。
ボタンダウンシャツについて紹介させてください。
一枚のシャツの中に様々なこだわりが詰まっています。

【BUTTON DOWN】
ボタンダウンの生命線ともいえる美しい襟のロール。
第一ボタンを外した時の表情はアメリカンボタウンダウンシャツさながら。
なかでもユニバーシティボタンダウンと評される定番の襟型は、最も美しい襟元を作る形として定評があります。

【SIDE SEAM】
脇部分は、ドレスシャツ特有のシングルニードル技法を採用。日本では細巻き縫いともいわれ、丈夫でありながら美しい縫い目に仕上げるとともに、優れた着心地を実現しています。

【CONSTRUCTION YOKE・PLEAT】
多くの量産シャツは肩部分の縫製ステッチが外側から見えてしまいますが、INDIVIDUALIZED SHIRTSではコンストラクションヨークという外側に縫い目が見えない袋縫いを採用しています。
アメリカのシャツメーカーの捉え方として、本来紳士用のシャツはセンタープリーツで、ミリタリーウェア、ワークウェアなどはショルダープリーツ仕様であるという概念から、基本的にはセンタープリーツを採用しています。

【SLEEVE PLACKET】
剣ボロの仕様は上着を着た時にシャツが袖内で邪魔にならないにかつ、スマートな袖元に見えるよう肌当たりも良い構造で作られています。

これらも全て前回ご紹介したような熟練の職人の高い縫製技術により成しえます。
創業より50年、一貫してアメリカンシャツテイラーの伝統を守り続ける一枚のシャツ。着るごとに、洗いを重ねるごとに変わるエイジングを楽しみながら永く愛着を持って着て頂きたいと願っています。

 

well-made by MAIDENS SHOP
TEL / 03-6812-7180
MAIL / well-made@maiden.jp
instagram/@well.made.by.maidens.shop

2019/04/19

line

LABELES